よくあるご質問 Q&A
TOP > よくあるご質問 > Vol.1「下肢静脈瘤」という病気について ①
1.「下肢静脈瘤」という病気について①
下肢の静脈がふくれてコブのようになる病気です。

下肢は「足」のことで、正確には「脚」ですが、わかりにくいのでここでは「足」とします。

「瘤(りゅう)」とはコブのことで、血管が部分的にふくれて盛り上がっている状態です。
静脈という足の血管の中にある逆流防止弁が壊れておこります。
血液が心臓に戻りにくくなるので、昼間立っていると足に血がたまり、午後になると足がむくんだり、だるくなります。
悪化すると湿疹や色素沈着、潰瘍などの皮膚炎がおこります。
→詳しくはこちら:
 「足の血管がコブになる病気、それが下肢静脈瘤。」
 http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_1
日本人の調査[※]では15歳以上の人の43%に下肢静脈瘤が認められています。
このうち手術の対象となる伏在(ふくざい)型静脈瘤に限ると8.7%でした。
平成24年度の15歳以上の推計人口は1億1096万5000人ですので、下肢静脈瘤患者は約4800万人、伏在型静脈瘤患者は約970万人いると推定されます。

海外でもいろいろな国や地域で調査が行われており、対象にした人の年齢や性別が違うので単純に比較することは難しいのですが、欧米は日本より多く、アフリカは日本より少ないようです。

下肢静脈瘤は加齢によって増えますので、今後、高齢者の増加によって患者数は増えると思います。
 平井ら:下肢一次性静脈瘤の頻度と危険因子に関する検討.脈管学28:415-420,1989
→詳しくはこちら:
 「10人に1人が下肢静脈瘤。あなたもそのひとりかも。」
 http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_3
国や地域で患者数の差はあります。

いろいろな国や地域で調査が行われており、対象にした人の年齢や性別が違うので単純に比較することは難しいのですが、欧米は日本より多く、アフリカは日本より少ないようです。

日本以外の国の人も、同様に下肢静脈瘤にかかります。

米国の調査[※1]では、軽症のものを含めると74%に下肢静脈瘤を認めています。
欧米では肉眼的に明らかな下肢静脈瘤の有病率は15歳以上の男性の10-15%、女性の20-25%であると推定されています[※2]
※1 Kaplan RM, et al: Quality of life in patients with chronic venous disease:
  San Diego population study. J Vasc Surg 37:1047-53.,2003
※2 Callam M J. Epidemiology of varicose veins. Br J Surg 81:167–173,1994
諸外国、特に欧米では日本より患者数が多く、
古くから下肢静脈瘤という病気が認識され研究も行われているので日本より認知度は高いと思います。
おそらく人類が木から降りて立って歩くようになった頃からある病気です。
記録に残っている限りでは、紀元前1500年頃に古代エジプトで書かれたパピルスに下肢静脈瘤のことが書かれています。

また、紀元前400年頃のギリシャの石像の足には下肢静脈瘤が刻まれています。
外見からわかりやすい病気なので、大昔から気づかれていたと思われます。
遺伝や妊娠・出産、長時間の立ち仕事によって足の静脈の逆流防止弁が壊れるのが原因です。
逆流防止弁が壊れると、血液が逆流して心臓に血液が戻りにくくなり足の静脈にたまります。
これが長い期間続くと静脈が血液の圧力によってふくらんで下肢静脈瘤になります。
→詳しくはこちら:
 「『遺伝・出産・立ち仕事』。そんな人がなりやすい。」
 http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_4
足の静脈の壁が血液の圧力によって引き伸ばされた状態になっています。
部分的に引き伸ばされてコブのようになったり、全体的に太くなってヘビのようにうねった状態になっている場合があります。
血液が入っています。
よく血管が詰まっていると考えている方がいますが、そうではなく、引き伸ばされた血管の中に血液がたまっています。

血液はゆっくりですが流れています。血のかたまり(血栓)ではないので、上にあがって心臓や脳の血管に詰まったりはしません。
下肢静脈瘤は足の静脈の働きが悪くなって足に血液がたまる病気です。

足の静脈に血液がたまると、足に老廃物がたまったり、炎症がおこるために様々な症状が足に出ます。
→詳しくはこちら:
 「『足がむくむ、だるい』が、発症のサインに。」
 http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_2
基本的には足以外には症状は現れません。

しかし、陰部静脈瘤という女性に多い静脈瘤は、卵巣の静脈瘤から発生するので生理の時に下腹部が痛む場合があります。

また、下肢静脈瘤から深部静脈血栓症・肺塞栓症をおこした場合(いわゆるエコノミークラス症候群)は、呼吸困難や咳、胸の痛みなどの症状が現れます。
主な症状としては、足が重苦しい、重だるい、重痛い、むくみ、かゆみ、こむら返り、かゆみ、ほてり、皮膚炎などがあります。
皮膚炎には湿疹や色素沈着、白色皮膚(はくしょくひふ)萎縮症、脂肪皮膚硬化症、潰瘍があります。
まれに、むずむず脚症候群をおこして睡眠障害をおこすこともあります。
→詳しくはこちら:
 「下肢静脈瘤について」
 http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_ttl
足の静脈に血液がたまることによって血液の流れが悪くなり、皮膚表面の角化細胞が傷害され、皮膚のバリア機構が壊れて湿疹ができやすくなるためにかゆみがおきます。
ふくらはぎに下肢静脈瘤ができるのは、原因となる「伏在(ふくざい)静脈」の大きな枝がふくらはぎにあるからです。伏在静脈は皮下脂肪の中にあるので太くなっても目立ちませんが、その枝が皮膚の表面に出てきて太くなるので目立ちます。

しかし、ふくらはぎだけではなく足首や太ももなどにも下肢静脈瘤はできます。
→詳しくはこちら:
 「足を駆け巡っている、主な静脈。」
 http://www.think-vein.jp/about1.html#about1_3
太い血管が浮き出ている場合、それが下肢静脈瘤なのか単に血管が浮き出ているのかは、弁の働きに異常があるかどうかで区別します。

弁の働きはエコー(超音波診断装置)検査で調べます。
血管が浮き出ていても弁の働きに問題がなければ下肢静脈瘤ではありません。
代表的なのは手の甲の静脈です。年を取ると手の皮膚が薄く、弾力がなくなるために手の静脈が目立つようになりますが、手の静脈の弁の働きは正常なので静脈瘤ではありません。
同様に、運動した時や夏に足首や足の甲の静脈が太く目立つことがありますが、これらの多くは静脈瘤ではありません。
妊娠するとホルモンの影響により下肢静脈瘤が発症しやすくなります。

妊娠早期に増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用で、静脈が柔らかくなります。
それによって静脈が太くなる結果、逆流防止弁がうまく閉じなくなり下肢静脈瘤が発症します。
さらに、妊娠中は胎児によってお腹の中の静脈が圧迫されて血液が心臓に戻りにくくなるため、下肢静脈瘤が発症しやすくなります。
下肢静脈瘤は一旦発症すると自然に治らないので、年齢とともに罹患率が上がります。

また、年を取ると静脈の弁の数が減り、弁の働きが悪くなります。
さらに、筋肉量が減るためふくらはぎの筋ポンプ作用が衰えて下肢静脈瘤を発症しやすくなります。
→詳しくはこちら:
 「第2の心臓と言われる、ふくらはぎの筋ポンプ作用。」
 http://www.think-vein.jp/about1.html#about1_5
女性に多く発症するのは、

■下肢静脈瘤が発症する大きな原因の1つに妊娠・出産がある
■女性の方が筋力が弱く筋ポンプ作用が働きにくい
■肥満傾向がある


などが考えられます。
下肢静脈瘤になりやすい人は、

・複数回の出産を経験した女性
・両親とも下肢静脈瘤の人
・長時間の立ち仕事をしている人


などです。
複数回の出産を経験した女性は、妊娠時に下肢静脈瘤が発症・悪化します(Q16参照)。

下肢静脈瘤は遺伝性があるので、両親とも下肢静脈瘤の人は90%以上が下肢静脈瘤になると言われています。立ち仕事の人は下腿の筋ポンプ作用が働かないため、重力によって静脈の圧力が高い状態が長時間続き下肢静脈瘤になりやすくなります。
→詳しくはこちら:
 「『遺伝・出産・立ち仕事』。そんな人がなりやすい。」
 http://www.think-vein.jp/about2.html#about2_4
適度な運動を行って肥満や高血圧のない人、出産歴のない女性、同じ場所に立ちっぱなしや座りっぱなしの職業でない人は下肢静脈瘤になりにくいと考えられます。
フィンランドでの40-60歳の人の調査[※]では、下肢静脈瘤の危険因子として高身長があげられています。

しかし、高齢、家族に下肢静脈瘤患者がいる、出産経験など、その他の危険因子と較べると弱い因子なので、身長が高いと特別に下肢静脈瘤になりやすいということではありません。
Laurikka JO. et al.: Risk indicators for varicose veins in forty- to sixty-year-olds
  in the Tampere varicose vein study. World J Surg 26:648-651,2002